2010年04月12日

嫁入り道具。

心温まる注文を頂きました。

結納にFUSION FACTORYのお雛様を使いたいとの事。


なんて素敵な嫁荷でしょう!
思わず笑みがこぼれてしまいました。

選んでいただいたのは
けがれなく純真クリアな「月見雛」


S4.jpg


お雛様も一緒に晴れ舞台に立つのですね。
スタッフ一同、とても爽やかな気分でした。

お二人の末永いお幸せを心からお祈りしております。











posted by noguchi at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のガラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

桜 その3

遠く離れたワシントンで桜祭りが始まりましたね。
1912年、横浜港から運ばれた桜苗木は
100年近くたった今も沢山の花を咲かせ
こうして人々の心を魅了し続けています。
すばらしい事ですね。
アメリカからの桜のお礼はハナミズキだったそうです。
ハナミズキの花言葉「返礼」。

可児さんの作品 サクラ一輪
8.jpg

手のひらサイズでチョコンと手に収まる可愛い一輪挿しです。


posted by noguchi at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のガラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

桜 その2

春といえばさくら、桜餅。
季節を感じられる和菓子は
目も心も楽しませてくれてとても好きです。


優しい桃色を包む春の葉は
大島桜の新葉を塩漬けにしたもの。
こちらも一度も花を咲かせない柔らかな葉です。
少し可愛そうな気もしますね。


ノグチさんの作品 桜プレート

0063.jpg

淡いピンク色が美しい。まるで満開の桜をみているよう。


posted by noguchi at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のガラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

パワーオブジェ

今年は12年に一度の寅年、勝縁の年です。

そして今日は、寅の日です。

「寅の日」とは。

七福神の一人、毘沙門天の神様さまが

戦う聖徳太子に必勝の秘法を教えた日。

それが「寅の年・寅の日・寅の刻」

寅をお供に降りてきたと言われています。

私は寅年なので、このお話は心に残り、
ギャラリーの寅を見るたびに思い出していました。

ちなみに
寅の刻とは朝4時らしいです。

聖徳太子が名付けた信貴山は
今パワースポットとして人気があるそうです。


ならばこの子はパワーオブジェになるかも。

16880917.jpg

干支 寅 虎


posted by noguchi at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のガラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

お雛ばなし。その3

お雛祭りの歴史は千年。

平安時代3月始めに無病息災を願い
人形に自分の災厄を託して
海や川へ流したそう。

紙の人形で「ひいな遊び」をしたのが
今のお雛祭りに結びついているといわれています。
女性の祭りとなるのは江戸時代に入ってから。

P1010387.jpg

朝日新聞「ひな祭り」より




posted by noguchi at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のガラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お雛ばなし。その2

男びなと女びなの位置が関東と関西では違う事を
みなさん、ご存知ですか?

ITO.2.jpg


皇室では天皇が向かって右に立っていたのが
西洋の方式が入って左に立つようになったそうです。

伝統が残る関西では男びなを右に、
関東では左に。

朝日新聞「ひな祭り」より






posted by noguchi at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のガラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お雛ばなし。その1

KANI.2.jpg  あかりをつけましょ ぼんぼりに

  お花をあげましょ 桃の花

  五人ばやしの 笛太鼓

  今日はたのしい ひな祭り



**うれしいひな祭り**サトウハチロー作詞




ハチローさんがお嬢様に買ったお雛さまは

当時200円。

大学出の会社員の初任給が50円だったそうです。

喜ぶ娘の顔を見て作ったのがこの童謡。

朝日新聞「ひな祭り」より



posted by noguchi at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のガラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

桃飾り


****桃は女性の象徴であり、女の子の厄払いと言われます。
邪気悪霊を退治し、延命長寿の意味もありました。
桃の節句の起源となるお話しです***



はじめて桃を見たときに思わず「可愛い!」と
言ってしまったくらい、桃は愛くるしい。
まるで灯りがともっているように温かくて
見ていると気持ちが優しくなります。

手のひらに乗せるとこんな感じ。
こちらはSサイズ。

100212-momotibi.jpg

大きさも3種類 SとMとL

100212-momo.jpg

お一ついかがですか?桃飾り


posted by noguchi at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のガラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お雛様たち。

また冬に逆戻りしてしまいましたね。
雨が今にも雪に変わりそう。


今ギャラリーには「宙雛」をはじめ、さまざまなお雛様が並んでいます。

「舞雛」
100211-emaki.jpg


「月見雛」
100211-tuki.jpg

変わったお雛様もいますよ。

「雛の玉」
100211-tama.jpg


「かさね雛」
100211-kasane.jpg

名前が可愛らしい。

「あられ雛」
100211-arare.jpg

「豆雛」
100211-mame.jpg

「毬雛」
100211-tama.jpg


寒さに負けず、にぎやかですよ〜。
ぜひ、お気に入りのお雛さまを見つけてください。



posted by noguchi at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のガラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。